ユーザと情報の関係ステータス

ネット上で情報を扱う際に「自分」と「情報」の関係性を結構意識しなければならないんだなって思ったのでまとめてみた。

ユーザと情報の関係ステータス

【関係なし】
ユーザと情報との繋がりがない状態

【短期記憶】
ユーザが情報に軽くアクセスした状態
数日経つとすぐに忘れてしまう

【一時記憶】
短期記憶からユーザが興味を持ち、
再度アクセスするために保存された状態

【長期記憶】
一時記憶から自分のものとして身につけた状態
素早く、確実にアクセスできることが重要

大きく分けるとこの4段階に分けることができるなと考察したあと、
今まで自分にとってネット上にある情報の殆どが
【短期記憶】に属するものだとわかった。

「ネット上にあるものは必要になったときに調べて取ってくればいいや」
なんて思っていたけど、それって事ある度に探して無駄な時間を費やしたり、
自分のものにもしないから人としての成長もない。

それじゃ良くないので、
自分にとってその情報がどのステータスにあるのかを意識してみようと思う。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Trackbacks and Pingbacks: