ちはやふる 13巻

ちはやふる13巻は「The青春」と言える回。
それぞれ登場人物の大会に対する想い・モチベーションが強く現れ、
またそれがお互いに交差していくシーンがたくさんある。


机くんが裏方として分析に力を入れる事に対して、肉まんくんが選手としてのモチベーションが失いかけていることに想いをぶつける。その想いが対峙することに悩む真島部長だが、それに対して千早がチームの勝ちにこだわってメンバーを引っ張っていく展開となる。

個人それぞれ百人一首に対する想いは別々だけど、試合になるとそれがチームとして1つになって相手のチームとぶつかり合う。相手の明石第一女子もそれに負けじとここまで頑張ってきた団結力をぶつけ合う。
一言で言うと「One for All, All for One」、ちはやふる風に言えば「個人戦は団体戦、団体戦は個人戦」

まさにスポコン青春的展開。1句毎に展開が変わるシーソーゲームで熱が入ってしまった。最初は恵夢ちゃんのスピードに押されて、かなちゃんのアドバイスで調子が出てきたと思えば、気持ちが緩んで調子が落ちてしまう。でも着々と成長していることを実感することで、調子が安定して押し返していく。恵夢ちゃんも千早の強さを受けで気持ちが変わり、徐々に本気モードとなる。

終盤にはチームにも変化が起きて気合いも入るが、ここの描写が瑞沢より明石第一女子の方に力を入れているのがよかった。今後の展開が凄く気になる。

あと今年10月にはアニメ化だそうです。

4063803201
ちはやふる(13) (Be・Loveコミックス)
末次 由紀
¥ 440
Amazonで詳細を見る

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>