意匠展2012

やっぱり今年も行ってきた千葉大学工学部の意匠展!!

千葉大学工学部 意匠展のパンフ・冊子


今回は五反田の東京デザインセンターで開催。
入口の所で看板を見ていたらおばさんがやってきて、
「あら、何かやっているの?」と聞いてきて卒業研究の発表だと答えると、
「ちょっと見てみようかしら」と一緒に入ることに。
この卒展は自信を持っておすすめできる展示なので、
通りすがりの人が何気なく入ってくれるのがちょっとうれしい。

エレベーターで地下2階を降りると、受付の横に意匠展の年表が貼ってあって、
2008年から今年までの研究領域の変化について書かれていた。
そういえば自分は意匠展5年間皆勤賞なんだよね。

意匠展の良さは過去にも何回も書いているけど、
スタッフが他の人の研究もきちんと発表してくれること。
簡単な質問だったら答えられるし、他の卒展と比べて展示への本気度が伝わってくる。

あとは基礎的研究から実用性を求めたプロダクトまで
幅広い領域の研究が展示されている。
しかも、今年は過去最大の展示数かもしれない。
地下1,2階の内、最初の地下1階の展示を見ているところで終了時間と言われてしまった。
まあ、自分が1つの研究を見るのに時間掛け過ぎというところもあるが。。。
後半部分は流れて見ただけで本当に残念。

特に印象が残った研究を並べてみる。
というよりは、詳しく見た研究になるかな。

■商品のカラーバリエーションが消費者の満足度に与える影響。
商品のカラーバリエーションは多様性がある点では消費者を楽しませるものであるが、
逆に多すぎると選ぶのにストレスが溜まるものとなってしまう。
自分用と贈答用の2つのシチュエーションで
どのくらいのバリエーションが理想なのかを検証する研究。

■幼児によるアルコール缶飲料誤飲防止のための基礎研究
缶飲料のパッケージから幼児や小学生がアルコールが入っているかを
どのように認知しているのかを調査。
それを踏まえてアルコールが入っているかを認知しやすいデザインを提案。

■インターネットショッピングサイトにおけるレビューの役割
ECサイトの商品レビューについて、レビュアーの人物情報と商品熟知度の
2つ尺度に注目して、それを見る人がどのような印象を受けるのかを調査した研究。

■描画動作でのストロークの方向が高緻性に及ぼす影響
右利きの人が円を左回りと右回りで手書きした時に、
左回りの円の方が綺麗に書けていることを証明する研究。

■内視鏡手術用鉗子のクリップデザイン
内視鏡手術でモノを挟むための鉗子という道具について、
長時間使う中で疲労が溜まらないようにクリップ部分のデザインを提案。
握った時の筋電図や手の角度、医師の使用感をヒアリングしてモデルを形成。

これが地下1階分、地下2階は倍の数の展示があるけど全部流し見。
最後はアンケート書いて、おみやげ冊子いただいて終了。

おみやげ冊子みてたら他にも面白そうなものがたくさんあった。
見れなくて本当に残念です、来年もまた楽しみにしています!
ありがとうございました!!!

去年の記事:
意匠展2011

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>