鹿児島旅行2012

去年行けなかった九州旅行のリベンジ。
車で走って、山を登って、船に乗って、自転車で走ると動きまくりな旅だった。

鹿児島旅行2012まとめ
http://nakakoji.net/kagoshima2012.php

■1日目 2012/4/14

初日というか出発前からハードスケジュール。
4:30調布発の高速バスに乗るために、電車の始発は使えないため、
1:30頃にタクシーを使って調布まで移動して、マンガ喫茶で軽く仮眠。
高速バスにのって羽田まで移動し、しにほうと合流。
6:20発の飛行機に乗って8:30に鹿児島空港に到着。
スケジュールが遅れての到着だったので乗り継ぎ優先で先に降ろしてもらった。
プロペラ機に乗り継いで、9:30屋久島到着。

空港の出口でレンタカーの担当の方が待っていて、レンタカーの説明を受ける。
返却場所の確認をしたら、宿の場所と時間を教えると駐車場に回収に来てくれるそうだ。
Jネットレンタカー屋久島さん、便利ですね。

まず最初に3日目朝のジェットフォイルの予約をするために、乗船ターミナルへ。
その後に2日目の縄文杉登山に必要な道具を森のきらめきでレンタル。
一緒に登山するまでの手順(バスの乗り方、弁当の予約など)も丁寧に教えてもらった。
事前にガイドブックなどで事前に調べるより、現地の人から教えてもらった方がわかりやすい。

次にちょっと早いけどこの時間しかできないので、おみやげの手配。
屋久島の木工芸品を売っている杉匠という店に尋ねる。
そこでいろいろおみやげを買って、うちのサイトでも販売してる「たんかん100ジュース」を発見。
早速買って飲んでみたら、とても濃厚で柑橘系の酸味の後に甘さがじわじわくる深い味わい。
今までに飲んだことのない、オレンジジュースとは一味二味も違うジュースでした。
この時は飲むだけに買ったけど、その後売っている店に立ち寄れなかったので、結局うちのサイトで購入…

次はおやつを調達しようとコンビニを探すも、コンビニが見つからない。
探している間にお昼になったので、宮之浦の潮騒でお昼ごはん。
屋久島はとびうおが有名なので、とびうおの唐揚げを注文。
とび魚の唐揚げ定食。
羽の部分もちょっと固いけどおせんべいみたいに食べられて、頭以外は全部食べた。
店を出たら近くにスーパーらしき場所があったので、そこでおやつ調達。
屋久島のスーパーは電気屋さん、ホームセンターなどと一緒の複合施設になっているとこが多い。
結局コンビニは探していないときに見かけた「Mマート」1件だけだった。
カーナビで検索してもなかったので、屋久島にはコンビニが無いものと思ったほうがいい。

レンタルした道具に慣れるため、もののけ姫の森のモデルとなった白谷雲水峡へ。
3時間弱掛けて山道を往復。渓谷に沿って進んでいく。
木や岩には苔がついて一面、緑の景色が広がる。
くぐり杉や七代杉など、ここの木は複数の木が絡まって1本の木となっていて木の歴史を感じる。

残り時間は車で島1周。
島西側の道路は山道で、国道なのにサルやシカが道路の上に立っている。
ガイドブックで見ていて「見れたらいいな」と思っていたが、
そんな心配がいらないほど結構いた。
ただし、対面からも車も少なくないので、すれ違いするときは車を隅に寄せるのに大変だった。

山道を抜けると夕方遅い時間となっていたので、
ほとんどの店が閉まって、結局そのまま宿の「ラ・イスラ・タセ」に到着。
手続きをして縄文杉目的であることを話したら、
明日の起きる時間帯やバス停まで場所、お弁当の予約について教えてくれた。
やっぱり縄文杉目的で来ている人が多いから、島の人は誰でも行くまでの手順を教え慣れているんだろうな。
宿近くのスーパーの場所も教えてもらって買い出し。
レンタカーも宿の駐車場に止めて返却、実際に回収するのは次の日みたい。

1日目はここまで、チェックイン履歴は
http://tripmeter.me/1Z848

2日目
この日は1日掛けて縄文杉へ。
朝は3:30起床、準備をして4:30に宿を出発。
安房バス停の手前のできたて屋で予約していた朝昼の弁当を受け取る。
5:00ちょっと過ぎに、バスが来て屋久島記念館まで10分足らず。
そこから登山バスに乗り換えて登山口へ行く。
登山バスは事前にチケットを買っておかなければいけないが、もし買えなかったとしてもここで買える。
登山バスに40分乗り、登山口に着いたら6時過ぎ。
朝ごはんのお弁当を食べて、軽く準備運動してスタート。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>